押忍!番長2イ絶賛配信!
Gモンキータ-ン・天下イGET
{等価交換が絶滅の理由
ソミリオンゴッドア絶賛配信
パチスロ創聖のアクエリオンア
「グランドオープンとGOD」
byユウスケ
ジャグラーとぶどう確率。

今日はこんな話から始めてみたいと
思います。

様々なネット上の書き込みを見ていると、
「1日単位で各種数値が収束するわけがない。」
といった書き込みをよく見かけます。

僕の感想としても、まさにその通り!だと
思っています。

これはジャグラーに限らず、どの機種においても
共通のことで、1日9500回転回して、設定における
理論値通りになるということはあったりなかったり。

鬼武者だろうが、緑ドンだろうが、ミリオンゴッド
だろうが、言ってしまえば、全てのスロットに
おける共通項でしょう。

でも、それを言ってしまうと元も子もないと
思うんです。

設定を追い求めて小役カウンターをポチポチ
しているのは、その時、その場で出ている
各種数値を信じるためですよね!

ボーナス確率然り、小役確率然り。

設定公開をしてくれる状況でない限り、僕ら
スロッターは今起きている事象を真摯に受け
止めなければいけません。

それが0.3分の1しか差がないジャグラーの
ぶどう確率であっても。

皆さんのよく行くお店のジャグラーの島に
小役カウンターを置いて打っている方は
どれくらいいるでしょうか?

僕の範囲だと1割未満。100台あって、3人4人
いれば多い部類です。

そして、その方々が何のためにぶどうを
数え続けているのか。

ぶどう確率における1日単位での期待収支の
違いについて書いていきます。
(そんなこと知ってるよーという方は
読み飛ばしていただければ。。。)

例)アイムジャグラーEXの場合

設定5 103.8%
設定6 106.1%

機械割はこんな感じです。

そして、機械割というのは、コインを入れた
枚数における払い出されるコイン枚数。

103.8%であれば、100枚入れたら103.8枚
出てきますよーという意味ですよね。
(理論値上)

同様に106.1%であれば、106.1枚出てくる
ことを意味しています。

これを一日中繰り返している間に少しずつ
コインが貯まっていくことになります。

この差が機械割の差です。

じゃあ1日単位でどのくらい差が出るのかを
簡単な計算式で見ていきます。

仮に1時間に2500枚のコインを投入すると
仮定します。

■設定5の場合

@2500枚×1.038=2595枚

A2595枚-2500枚=95枚

B95枚×13時間=1235枚

1日に13時間稼働したとして、設定5だと
理論値上、1235枚コインが増える計算ですね。

■設定6の場合

@2500枚×1.061=2652.5枚

A2652.5枚-2500枚=152.5枚

B152.5枚×13時間=1982.5枚

理論値上、1982枚はコインが出てくるはずです。

1982枚-1235枚=747枚

設定5と設定6の期待収支の違いは約15000円。
(等価交換の場合)

これが機械割約2.3%の違いです。

人によって捉え方は違うかもしれませんが、
これを多いと感じるか、そんなに違わないと
感じるか。

僕は大違いだと思っています。

そして、この機械割の差がどこにあるのか。

ほんのちょっとのBIG確率の差と0.3分の1
しかないぶどう確率の差なんです。

ある一時だけで見ると、設定に関係なく、
ボーナスが偏れば勝つこともできると
思いますが、僕が設定6にこだわるのは、
1日打った時にこの15000円の差を得るため
以外の理由はありません。

6.18分の1というぶどう確率の台を打ち続ける
ことによって得られる収支の差を少しだけ
具体例を持って書いてみました。

積み重ねることによって得られる結果、これは
これからも大切にしていきたいものです。

では、今回の実戦結果を書いていきます!
(今回はオールグランドオープン実戦)

※データを全て載せていたのですが、、
※完全に店バレした原稿のため、所々、
※削ってます。ご了承ください。
続きを読む

携帯アクセス解析