「簡の稼働」
byゼン

散りゆく桜は、諸行無常の理を雄弁に語っているかのようで…

柔らかそうな新緑の葉は、愛別離苦を早くも嘆いているように眼に映る。


ふぅ…。


ネガティヴな物言いは、五月病の初期症状なのかな…





しかし、この季節がやってくると、私の肌は風を欲するようになる。



早朝の野山に映える美しき緑と、芽吹きの薫り…

そう。

ツーリングの季節がやってきたのだ。







パチスロ、パチンコ以外の私の唯一の趣味と言っていい。

それがこの…















“妄想”である。



跨がったこともないバイクの画像をネットから適当に拾ってきて、そのバイクについてなんとなく調べる。

そして…


エンジンの唸りをなだめつつ、早朝の澄んだ風を切りながら疾走する自分を妄想する…。


最高の気分だze。









ちなみに私はバイクも持っていなければ、二輪の免許もない。

そしてなにより、バイクには興味すらないんでそこんとこ夜露死苦。




パチスロを打っていれば、“ハマり”をはじめとした暇な時間が必ずやってくる。




そこでも私は“妄想”する。

……………


コールボタンを押す。

シマの入り口に差し掛かった店員さんの手を煩わせまいとジェスチャーにてその意図を伝える。

(食事休憩お願いします)


店員さんは踵を返し、腕時計を覗きこみながら休憩札に何かを書き入れる。


私の遊技台に札を置き、データランプに何かを送信し、休憩中を表す特殊な明滅を確認すると、私にこう言う。

『45分間となります。ごゆっくりどうぞ』

うむ。と頷き…






私は遊技台に座り、おもむろに手作り弁当と水筒を取りだす。

フルーツの入った小さなタッパーと、漬け物が入ったそれを下皿に置き、優雅に昼食を楽しむ…



この一連の流れを見ている両隣の人は、いったいどんな顔をするのだろう。


そんなことを“妄想”しながら、私はマスクの中で笑みをこぼしつつ、ハマりをやり過ごす。


(*´艸`)


……………
続きを読む >>
[すろ天ゲーム]10,000点突破!挑め!目押し王者!!
ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP