「創造の日記」
byゼン

面白い台を打ちたい。


現行の機種たちが総じて面白くないと言っている訳ではないのだが…


打ちたくて打ちたくて、寝ても覚めてもその台のことを考えてしまう…

謂わば“恋に堕ちる感覚”を抱かせる機種に、なかなか巡り逢えない。


今のすろ天ライター陣はどんな機種に恋をしているのだろう。


お会いしたことがない方もいるが、日記を読んだ感じで勝手に判断しちゃおうか。


まずは月曜日。


サバカンさん

サバカンさんは、皆さんご存知の通り、パチプロさんだ。

遊技を“仕事”と割り切るからには、好き嫌いは言ってられないのだろうな。

数字が出るなら何でも打つ。

数字が出ないなら、どんなに好きな台でも打たない。

きっとこう律しているはず。

そんなクレバーなサバカンさんの日記の中でも、愛する感情が見え隠れしちゃう機種がある。


それは…ハナハナ


これは間違いないかと。

ではなぜ、ハナハナが好きなのか。


やはり“ハイビスカス”でしょう。


『成立ゲームで揃えられるから』
『設定差が至る所に存在するから』

↑こんなつまらないことに焦点を絞っている話ではない。

やはり、あのハイビスカスなのだ。


他のメーカーが、このシェアに割って入れないのは、やはりハイビスカスの点滅速度や、点滅タイミング。

パイオニア独自の絶妙な具合がユーザーからの支持を磐石のものとしているのだろうな。


ちなみに、ハイビスカスのデザインも色々ある。


ハナハナ。


シオサイ(シオラー)。


オアシス。



他にもビッグシオ、ハイビ、ハイハイシオサイなどがある。

実は、ハイビスカスによって点滅速度が違ったりもする。


私が一番好きな点滅具合は、やはりハナハナ。

次点にシオラーかな。





レバーオン告知が好きなユーザーはハナハナを打つ。

第3停止直後の告知で脳からお漏らししちゃうユーザーはジャグラーを打つ。


告知演出がいかに重要であるかということだな。

サバカンさんも、チカった瞬間は少なからず癒されているはずだし、興奮しているはず。


ハナハナに恋をしているはずだ。








いっしーさん


同じく月曜日のいっしーさん。

いっしーさんは、古い機種や不遇機種が好きなのだろう。

テックさんの後輩さんということもあり、スロットに対する探究心は、かなり強いという印象を受ける。

スタードライバーサンタ鉄拳2nd


開発者を目指す人間視点からのチョイスは、やはり一味違うな。


バジ2もそうだが、やはり上記した機種たちに共通して言えるのは…


“システムが面白い”ということ。

いっしーさんが恋をしている機種は今のところ特定できないが、好みのタイプはなんとなく分かったような気がする。



いっしーさんは、外見より内面重視なのだろうな。
続きを読む >>

ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP