「了の稼働」
byゼン

〈4月28日〉

連れ打ち企画当日。

集合場所である蒲田駅西口。



いきなりだが…


私は今日、『勝つ』ためにここに来ている。


『みんなでワイワイ楽しみながらスロット打ちましょう(*´∇`)』

などと私が掲示板で言っていたのは…



皆を油断させるため。


青葉さんから企画のお声を掛けていただいた時から、私の戦いは始まっていたのだ。



『完全差枚の出玉バトル』

バトルと銘打ったからには、漢として負けるわけにはいかぬ。


全身から発する赤オーラを鎮め、辺りを見回す。



さて、強敵(とも)たちの姿は…と。



いたいた。


ほう…青葉さん。


私の青葉像としては…

『自分、期待値って言葉聞くだけでフル○起しちゃうんでヨロシク』

って言っちゃうぐらいの少しニヒルなガチガチスロッターを想像していた。



しかし実際の彼は、物腰柔らかく爽やかな笑顔の美青年。


簡単な挨拶を終え、握手を交わす。




私の手を握りましたね?青葉さん。

貴方の『引き』17%ほど戴きました。

ちなみに私、さっき道端に落ちていた犬のウ○コ触りましたよ?と、心の中でほくそ笑む。



しばし談笑しながら、さりげなく私は、

『ゼン・スカウター』で青葉さんのスロット戦闘力を計測する。



……


な…ん……だと…!?


示した数字は『5812P』。

まさか…ここまでの数値とは…!



そうこうしていると、ポンタさんがやってきた。

私のポンタ像としては…

『ふぅふぅ、暑いでごわす』

なんて言ってしまう体躯の持ち主で、例えるならバジの丈助みたいな感じ。






しかし実際の彼は、笑顔が素の顔であるように、常にニコニコしている超絶好青年。

芸能人で喩えるなら…織田裕二。


を、モノマネする人。

あの人をもっとカッコよくした感じかな。
ぽっちゃりより、ガッチリかな。


ちなみにポンタさんは、びっくりするほど腰が低く、誰に対しても朗らかに笑い、絶対に敵を作らないタイプ。

この日、私は彼の口から発せられた『恐縮です』の言葉を、8192回ほど数えることになる。
(実際は7回ほど)





……。


彼の戦闘力は『4799P』か…。

むぅ…。

数値的には青葉さんほどではないものの、スカウターでは、〈caution〉のランプが激しく点滅している。


これは、対象者の潜在能力の高さを警告するもの。



今日はすんなりとは勝たせてくれそうにない…か。
続きを読む >>
[すろ天ゲーム]10,000点突破!挑め!目押し王者!!
ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP