【政宗のシステムは難しい】

ゆうき日記


今週は一週ズレましたが政宗でございます


実は先週先送りにしたのは理由がありまして


北斗の初日稼動を先に出そうって事もありましたが、一番の理由は


システムがいまいちよく分からない


別に「打つだけ」なら大した問題では無いのですが、「書く」となると問題なんです


新台を書く場合は、必ず一冊は雑誌を購入して、取ってきたデータやら画像やらを見ながら雑誌と照らし合わせ


ある程度納得してから書くのですが


政宗に関しては半月程度導入から経過してしまったので、既に欲しい情報が載ってなかったりした(おそらく1コ前の雑誌に載ってたと思われる)


なのでもうちょい調べてから書こうと思っていて先送りしたのだが


結局知りたい事は分からずじまいとなって今に至ります



まあでも、結局政宗ってのは内部システムと言うより


「6択を当てるゲーム性」


でいいんじゃないかな?


と、結論付けました


・・・・


トマトの3択すら当てられない僕がその倍の6択なんて、絶対打っちゃダメな台なんじゃないか?


そんな事を思わなくもないですが


結構万枚報告が多いじゃないですか!


年内万枚を目指す僕としては打つべき台だろうと思っての稼動となりました



政宗の初当たりは至って単純


主に弱チェリーで高確に上げて、レア役で前兆に入れる



前兆自体は3種類あって、


本前兆→確定
フェイク前兆→ハズレ
対決前兆→対決勝利で確定



対決前兆に入ると、成立役に応じて勝利書き換え抽選が行われ、対決の勝敗で結果発表と言う流れ


と言う事は、対決前兆突入時点では「負け確」からスタートするって事なのか・・・?



要はタイミングよく、集中してレア役を引ければ当たりやすいと言う事・・・



ってそれが出来たら苦労はしねえ!



さて、どんな展開になっていくのか


と思っていたら前触れ無く




いきなり天下道へ突入した


通常時の天下道突入は、僕が稼動前に知っていた数少ない設定差ポイント


偶数設定優遇だ!


続きを読む>>
ゆうき日記TOP
ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP