【格言!好きな台は作るべからず】
ゆうき日記

今週は最初にリンクを2コ付けます


謝罪文掲載


名古屋連れ打ち



まずは稼動へ


今回の日記分を含めて、名古屋連れ打ちまであと4回


この4回である程度の軍資金は確保しときたい



今月は珍しく打ちたい新台が色々と出ている月なので目移りしている状況だが、



まずは『カネ』



もちろん名古屋では爆勝の予感しか無いのだが、行きの交通費と初日の資金くらいは作っておきたい



あとは打ちたい台を打つ為の資金?



これが厄介



パチスロを打つ目的と言うのは人それぞれある



僕の目的は、圧倒的にカネ


と言うかそれしか無い



勝てそうな台を淡々と打つ


ホントこれだけ



別にこれは今始まった事では無く、ストック機が全盛の4号機後期からのスタイルである



それ以前は、イベントに並んだり毎日何かしらの札を刺している店に行ったりと


いわゆる設定狙いで立ち回っていた


少しでも高設定を打つ為に好んで7枚交換の店に行ったりもしていた


当時は『全島Eアリ』なんて告知も普通に出来たし、台を開けて設定キーを回して設定を確認させてくれる店もあった


そんな店で打ち、ボーナス回数を回転数から割り算して、解析値の近似値から設定を推測する


・・・・


そこまで勝てたと言う記憶は無いですが



そんな時代を経て、設定にとらわれず勝てる様になったのはストック機が登場してから


明らかに設定狙いをしなくなったし、連チャン即ヤメで台数を稼ぐ様になったのもこの頃から



特に4号機末期の南国育ち


今の沖ドキ!と同じで、ひたすら4スルーを探すのが基本的立ち回りで、996Gを越えそうな台があれば遠目から客の動きをチラ見する


当時は1店舗の設置が8台程度がほとんどだったので、僕には『持ち店』がだいたい10店舗くらいあった


動き出しは正午から


車で決まったルートを走り店内に入って履歴チェック


スルー台があれば上がるまで打つし、無ければそのまま次の店へ



ひたすらこの繰り返し


正午から夜8時頃までぐるぐる回って全く打たない事もざらにあった


それくらい徹底していた


南国育ちが撤去される最後の1年なんて、他の台で勝った記憶が無いくらいに


ただひたすらにスルー台を追い求めた



その頃から感じていた事



それは


好きな台を作ってはダメだと言う事



打ちたいからと言う理由で打って勝った事なんてほとんど無い事に気付いたのだ


パチスロなんてカネを増やしてナンボ


勝てそうな台を打ったって必ず勝てる訳でも無いので


その他の台を打つなんて論外だと思っていた



それでも打ちたい台、好きな台は何故だか生まれてきてしまうもので



南国育ちや島娘で得たカネを、吉宗番長、ドロンジョ、旋風などに溶かしながら4号機は幕を降ろした


続きを読む>>
ゆうき日記TOP
ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP