ぬ゙ジリスクUア配信!!
パイレーツ・番長2イ配信!
{小役管理・収支管理ア
北斗の拳・ToHeart2ア
鉄拳・銀河鉄道999イ

「守りの稼働」
byユウスケ
先週のこと、僕の稼働においては
非常に珍しく3日間連続で朝一に
ART機から稼働するという選択を
してみました。

あくまでも第一の目的は今後の
ホール状況、稼働状況においての
新たな立ち回りの模索であって、
正直言って、3日間とも勝てるとは
思ってなかったんですよね。

勿論、根拠なき稼働はしません
ので、強い根拠を持った台選び
でしたが、長い稼働時間を取り
ませんでした。

そのためか、批判的なコメントも
いただきましたが、あくまでも、
想定以上の勝ちを収めていれば、
いつでもやめる覚悟を持って、
スロットをしていますので、僕の
中ではこの上なく納得しています。

去年、鬼武者で一撃万枚を
経験した時も同じような
コメントを沢山いただいた
思い出があります。

その想定以上の勝ちの中で、
環境的に、今日は設定6は投入
しないだろうと推測したこと、
また、投資に対して、自身が
目標収支としている1日2万円
以上のプラスを確実に得ていた
こと、設定看破の根拠が全く
見えないまま打っていたこと
から考えると、勝ち逃げも
ありな選択だと個人的には
思っています。

これは人によって、スロットへの
向き合い方が確実に違う部分
ですので、こういう考え方も
あるんだな程度に思っていただけ
て良いです。

僕はあくまでもスロットは勝ちを
残し続けることのみに特化した
考え方でいますし、随分前にも
書いた通り、期待値は追いますが、
期待値を追い続ける必要性を今は
感じていません。

矛盾にも繋がるような言葉ですが、
例えば、ニューEXの設定6を打って
いたとして、スタートから4時間で
差枚3000枚出たとします。

僕はこの時点で、やめるか打つかを
すぐに考えてしまうんですよね。

それは将来的に必ず得ることが
約束されていない期待値を追う
よりも、今その状況で見えている
勝ちを守ることでプラス収支で
確実に終えることが出来るからです。

ただ、その考えも非常に流動的で、

「今日は早くやめる必要がない。」

だったり、

「収支によって選択肢が変わる。」

だったり。

ケースバイケースで月間収支とも
相談しながら考えています。

ただし、スロットは設定と期待値で
のみ、プラス収支を残すことしか
正論はないと思っていますから、
いつでも2択に追い込めるような
スロットとの向き合い方を目標と
しています。

追っても良いし、追わなくても良い。

低設定であれば、追ってはいけない
という選択肢しかありませんし、
高設定でも、機械割が105%未満な
設定はこれまでのスロット経験上、
全て見切ることを前提にしています。

その上で、自分のスロットでの目標は、
「05%以上の機種を打ち、時と
場合と収支により、追うor追わないの
選択をし続けること。」
になっている
のだと思います。

その目標が例えば店状況によって
叶わぬ場合に、各種ゲーム数狙い、
天井狙いを含めた立ち回りに
繋がっています。

今週の稼働はほとんどがジャグラー
シリーズとなっており、ニュー
EXの実戦はほとんどが105%未満と
思って、見切っています。

掴めぬことはしっかりと対策をし、
ただし、掴めぬ場合でも勝ちを
残せているなら、どんどんその
収支を積み上げていく。

そんな展開だった稼働をご覧
いただければ幸いです。

では、実戦結果です。
続きを見る