【本当は面白いけど純増が問題なのかな?】
山本☆三世


お久しぶりです!山本☆三世です!

1週間って早いですね。こんなに早かったですかね?30歳を過ぎて時間が加速してる気がします!

気付けばもう下半期ですよ。そだねーも誰も使わなくなり、半端ないってが流行ってるし…。

確かに、学校の1時間の授業はめちゃくちゃ長かったけど、スロットの1時間なんてあっという間…。

もしかして、スロットしてるから早いのかなσ(^_^;)30歳過ぎて、毎日勉強したら長く感じるのかもね。よくよく考えたら、毎日5時間も6時間も授業を受ける学生は凄いわ。

てことで稼動の方ですが、稼動はいつも昼過ぎです。朝にメリットのある台がなかなかないし、昼に行っても早いなと思うぐらい、ドンドン遅くなってます。むしろ、16時からでもいいのではないかというぐらいです(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

てことで夕方からホールに入りました。

北斗、修羅を打とうかと…。

この台、面白いのに人気がない…。

新基準だからなんだろなぁ…。

個人的には好きです!
北斗と言えば、基本的に低確、通常、高確の状態があって、良い状態の時にレア役で当てるというような流れなので、自力で当てる感じです。

昔、初代北斗が本当に流行ったんです。



ボーナスが今まで決まった枚数だったのですが、ラオウとのバトルで負けなければ、コインがドンドン増えていくという…。

たまらなかったですね!

ケンシロウが攻撃すれば、継続確定なんだけど、あの青いオーラが見える瞬間がたまらない!




若干、ケンシロウの攻撃は足が見えるのが遅いんですよね。あの微妙な時間がドキドキします。ビンゴでいうhooahの間を待ってる感じ…。

たった0.1秒かもしれないけど、あれが本当に大事な気がします。

そんな感じで、北斗シリーズはワクワクさせてくれます。

さっそく打ち出すと、レア役が定期的に落ちる。


これ、困るんだよねー。


まとめてこい!まとめて!

今回の修羅は真北斗カウンターといって、レア役を連続で引くと必ず高確へいったりします。

例えば、中段チェリーをひいたら1段階あがり、32ゲーム以内にもう一回中段チェリーを引くと2段階目にあがります。

すると高確が確定!

スイカの場合は強スイカは2段階アップ!
弱スイカは1段階アップなのですが、4段階までアップすれば高確にいきます。

初代、北斗で4回立て続けに強チェリーをひいたけど当たらなかった事があります(ノ_<)


今回は3回目の強チェリーは高確中の強チェリーになるので、確定になるかと思います!


そして打つこと、レア役を重ねつつ、32ゲームの前兆へ移行。


ここで第3停止でアクションが起こると、高確、本前兆の可能性があがるので期待できます。


これ、いったんじゃない?
(`・ω・´)

みたいな楽しみ方

これは来たでしょう?

思いながら打つと





いたいた!これで当たり!
初代だとラオウが『待っていたぞ、ケンシロウ』と出会えたら当たり。あれもまた演出がドキドキさせられて、上手いんですよね…。


続きを読む>>
山本☆三世日記TOP
すろ天ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP