【やじ☆きん放送局Vol.69】
やじ☆きん




《楽袋》(コラム)


今週は時代の変革期と題してコラムを少々…


今、皆さんも肌で感じてると思いますが、時代の変革期の間に揺れ動いていることと思います。


しかし、これは過去何度も繰り返されてきたことなのです。


近くを見ると、4号機から5号機へ…


5号機の出始めなんて、ホントにスロットは終わった…と感じてました。


なので、残ってる4号機を打つか、もしくはパチンコを打ってました。


初代牙狼が一番多かったかもしれないw


そんな5号機でも、初代忍魂辺りから始まって、気付けば爆裂AT機などと言われ初めて、結局規制の対象となってしまう。


そもそも5号機になった当初はレバーオンフリーズは禁止されてましたからね!


それを第3停止後にフリーズするという表現を使うことで、規制の裏をかき、暗黙のうちに解禁されてしまったw


ただ、ここでは規制されることの絶望感を言いたいのではなく、必ず面白くなる時が来る!と言うことを言いたいのです。


5号機からスロットを始めた方々は…


4号機は良かった!って話に相当に嫌気がさしてると思います。


4号機がどんなもんだ?そう思うと思います。


はっきり言いましょう!


大したモンではない!と言うこと。


確かに短時間勝負では比べ物にならないかもしれません。


が、獲得できるコインの量にはそんなに差はない!と思ってますからね。


もっと言うなら、どんなにいい台だったとしても、短時間で出る以上、ハマってるというか当たってない時間も長かったということ。


瞬間最大差枚には差があるかもしれませんが、トータルでの獲得枚数には左程差はないですよ!


その、凄く良いように言われている4号機でさえ、出始めはクソ感満載でした。


一部、マニアの方々は別として、世間の評価は酷いモンでした。


3号機の爆裂裏時代からの変遷でしたしね(⌒-⌒; )


4号機初の機種「チェリーバー」


ノーマルタイプだから仕方ないかもしれませんが、あの初打ち時のダラダラ感にはシビれたことを今でも思い出す。


しかし、なかなか3号機から抜け出せなかったのも事実。


じゃぁその3号機は?


もっと話になりませんよw


なんせ、違法改造しないとヒットしない!というほどに粗悪な台でしたからねw


4号機なんて、ノーマルではニューパルが出るまではホントにクソでしたよ(⌒-⌒; )



続きを読む >>
やじ☆きん日記TOP
ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP