【ワーKINGまん】
やじ☆きん


働く男


そういう歌もあるのだけれど…


やっぱ、僕はWORKINGMAN派!!!


僕がバンドをやり始めた頃にコピーした思い出の曲。


テクニック的にめっちゃ難しい魅せ場たっぷりのベースソロとか山ほどあるけれど…


あ、因みに僕はベース担当でした。


ヴォーカル希望だったんだけどねw


コーラスも皆んなに止められるほどのアレだったみたい( i _ i )


でね…


このWORKINGMANって曲…


あ!知らない人もいるだろうから紹介しておきますと、BOΦWYというバンド(氷室京介・布袋寅泰・松井常松・高橋まこと)の曲で、暴威という名前の頃もありその頃は…


ま、長くなるので割愛するとしてw


とてつもなくハードなベースソロがあるの。


何がハードか?ってことだし、知ってる人は「は?余裕じゃん?」って思うかもしれません。


簡単に言うとある一つの音を8ビートで刻み続けるだけなんだよね。


でもね?


BOΦWYのコピー…


しかも松井常松さんと言えば、ダウンピッキングの鬼!


上から下方向にピックで弾くのがダウンピッキング。


逆がアップ


交互に織り交ぜるのがアップダウン。


基本形なので、他にもフィンガーピッキングやチョッパーなどテクニックは沢山あるんだけど…


松井さんはダウンのみで弾くスタイルなの。


もちろん、コピーだから弾き方すらも真似するよね?


これがもう、相当ハード(;´Д`A


わかる人にはわかる「漢」感満載のハードさなのよ。


で、細かなところまで突き詰めるとね…


シンプルだからこそ難しい。


少しのズレも許せないセコい人間になってたよ。。。


パンパンに腫れていく右腕…


攣りそうになる右腕…


あと何小節?!


と飛びそうになる意識


もうね…


続きを読む>>


やじ☆きん日記TOP
ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP