【maybeブルー】
やじ☆きん


《引退宣言?!》


最近、全くヒキが噛み合わない。


低貸での調整も…


調整ではなく真剣勝負となっている。


それほどまでにキツい状態なのだが…


そんな中でもキラリと光るモノを掴みとった…


これを活かせるかどうか…


そういう勝負を書いていこう。


10月某日


訪れたのは、隠れた名店として何度かご紹介しているホール。


久々に訪れたのだが…


おそらくこの日は強い日。


だが、あまりの不調さ加減が20スロを打ちたいけど座る勇気を持てない。


しかし、この強い日は5スロにもしっかりと設定を使ってるとみてる僕は、ある機種に狙いを定める。


番長3


設定あるかもしれない+設定が見えたら心折れるまで粘って、その良さを再認識しよう。


そういう想いが番長3を選ばせた。


とりあえず、初対決はミスったものの…


そこから7ベルで対決。


すなわち対決連。


相変わらず勝てない勝負に早くも心が折れそうになるのだが…


そこは5スロ。


もう少し心を豊かに広く構えよう。


そんな気持ちが通じたのか…





やっと勝つことができた。


でもね…


この対決に関しては、前兆の段階から勝ちを確信していた。


何故か?


強い演出で示唆されたワケではない。


引けないベルとタイミングの噛み合わないレア役。


それにイライラしながら消化しているとき…


何気ない舎弟引っ張り演出(?)


右の扉からズッコケてくるアレだ。


もちろん何も揃ってはない。


しかし…


そこから始まる消灯ハズレ目。


うん。
いただいた。


そう確信するには十分な演出であることは番長シリーズ共通といえようか。


あ、
ご存知の方もいるかもしれないが、特訓中の演出なんだけど…


画像は用意してないので申し訳ないんだけど、薫先生のヒモ引っ張る演出あるでしょ?


轟くんに重石(化石)を落とすアレね。


あの演出の時、中押しでやると分かりやすいんだけど、中右と押して下段にリプテンパイが普通。でも、ベルこぼし目が出ると本前兆濃厚らしいよ!


続きを読む>>


やじ☆きん日記TOP
ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP