【何も言えなくて…夏】
やじ☆きん


毎度のことながら…


僕はまたまた怒ってます。


僕だけではなく、業界の一部の敏感な方々も怒ってます。


ご存知の方もいるかもしれません。


あのクソ重テェ派手なヤツ…


クソ煽りが酷すぎる!!!


・・・閑話休題(あってるかな?w)


そうではなく。。。


みなさんにご協力を呼びかけてたパブリックコメントの募集…


つまり、パチンコパチスロの規制改正案について…だ。


いい加減にフライング報道をヤメねぇかな?


警・察・庁


この3文字を入れ込んで報道すればさ


誰しもが確定したんだ!って思うでしょ?


なんなの?マジで。


何かのまわし者なの???


それともガチで警察庁から世論を固めろってお願いでもされてるのかな?


誤った情報を(後に正しい情報となるかもしれんけど)先走って報道することの影響を考えてるのかな?


報道する側は、僕ら以上に情報発信の責任を担ってることを理解してほしいよね。


無駄に騒ぎ立てすることの危険性。


ある意味、テロと同レベルの危険性を持ち合わせているからね。


はい。


ということで、一部の心無い無能なメディアから発信された情報、「規則改正案確定」の情報は現時点では全くの誤報です。


何よりも警察庁からの正式な発表は行われてません。


我々、業界の一部の方々も、このメディアに対して「どこからの情報だよ?」と問合せ、及びクレームを投げかけているという情報もあります。


今回の規制は、このメディアも報じていたように「依存症対策」の一環なのです。


が、「ギャンブル依存症問題を考える会」代表田中紀子氏らから「今回の改正案は全く依存症対策にならない。効果が認められない。」と、その根本を覆す発表を受けているのです。

参考資料
田中紀子氏ブログ



そんな中で強引に今回の改正案を、依存症対策の一環として行うのは、いささか無理があるのでは?


それがあるから、「警察庁は依存症対策でこういう政策を打ち出した!すごいでしょ!」ってイメージを植え付ける為のフライング報道なのかな?と考えざるを得ない。


メディアがさぁ…


一つの大きな権力の側について報道を行うようになったら、マジで相当に危うい世の中になるよね…


と思われても仕方ないよね。


何故、依存症対策の団体の声をもっとおおっぴろげに報道しないのかな?


こんなフライング報道よりもよっぽど真実・事実なのにね。


時○○信社は権力の手先に成り下がったのかな?


恐い世の中だよ。全く。。。


夏の終わりにやるせない怒りをブチまけたところで、今週のお品書きです。


■お品書き■

い・《エロ猫》(Z/Xの楽しみ方)

ろ・《アイムデッド》(稼動日記)

は・《採れたて直行便》(稼動日記)

に・《Bパーリー》(企画案内)


続きを読む>>


やじ☆きん日記TOP
ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP