【『パチスロハイスクールD×D』試打レポート】
すろ天編集部れん



憐です!

初めてのライター日記でしたが、たくさんの方に読んでいただきありがとうございました!
誤字・脱字や改行の御指摘を受けたので、今回から気を付けて読みやすい文章を目指して書いていきたいと思いますm(_ _)m

予告と重複する部分もありますが最初から書いていきたいと思います。


「今度、ハイスクールD×Dの試打にいくよ!」的なことを社長に言われ、初の試打に行くことになった。これを聞いて、「試打、とは?」と「ハイスクールD×D、とは?」の2つの「?」が浮かんだ。「試打」に関しては行くまではどうしようもないので、ハイスクールD×Dについて調べてみた。
あらすじは、私立駒王学園に通うバカでスケベな男子高校生、兵藤一誠は堕天使に殺害されたことをきっかけに人間から悪魔に転生し、一誠を転生した悪魔(ヒロイン)とその仲間たちで物語が進んでいく、努力と友情と熱血と夢(ハーレムを築く)の学園バトル物である。
画像を見た時に、「あ、これ本屋でこの絵の表紙みたことあるぞ…」となったが、アニメをやっていたことは知らなかった…。ニコニコ動画で1期・2期の1話のアニメが見れるのでぜひ!
調べていて、原作ライトノベル20巻累計発行部数300万部、アニメ3期もあるってすごい人気作なんだと思いました!


試打当日。
スロットの聖地、上野。
聖地というからにはパチンコ屋がたくさんあるのかと思いきやそんななく、歩いて10分くらいのところでメーカーさんの本社がずらりと並んでて、「ああ、聖地だ」と実感しました。「あ、マクロスのポスターだ!」とか「この絵見たことあるぞ!」なんて歩いていたら、目的地、KPEさんに到着。
入り口にはハイスクールD×Dのポスター。
中に入ると、パチスロの台があるのにタバコ臭くないしうるさくないしで新鮮でした笑

担当のKPE広報の江さんがいらっしゃいました!
設定6の台で一連の流れを見せてもらい、説明もだけどスロットが上手いなと思って説明を受けていました←
説明のあとの雑談で、自分の年の頃はもう打っていたとか!
KPEへはもともとパチスロが好きでコナミに就職して、パチンコ部門ができるということで名乗りをあげて入ったそうなのです。好きが仕事になっていいなって思いました!

そしてブルーさん登場!
ではさっそく…。






ブルーさんの台は設定6、自分の台は常に高確率状態が続く特別設定で試打開始ッ
自分の設定は目押しの練習の意味も込めてという特別設定なのです(*’ω’*)

予告でも載せたのですが、
このハイスクールD×Dは周期システムで、ある一定数のゲーム数を超えるとチャンスゾーンに入り、そこから更にサービスタイムに入り50%以上の確率でARTに突入でき、ディアボロスドライブ(Diabolus Drive)とエクステンドドライブ(extenD Drive)の2つのARTを回って上乗せをしていくというものになっています!





続きを読む >>
ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP