【もう一つの御伽噺】
乱歩 


《稼動報告》



六月某日。


明日は近隣の某店舗が12周年。

グランドオープンは年末だった気がするのだけれど、一体何が12周年なのだろう。
良くわからないけれど、告知は大々的なものだったので、設定状況にも期待が持てそうだ。


そんな話を職場の同僚としていたのが、前日の夜勤を終えた後のこと。



当日。

09:10 起床。


まぁ、なんというか・・・寝坊?

夢の中では確かに抽選で102番を引いたのだけれど、実際はまだ布団の中だったわけである。


久々に気合いが入っていた稼動だったのだけれど、早々に出鼻を挫かれる。
自業自得とはいえ、これでは先が思いやられる。


同僚に連絡し、間に合わない旨を伝える。

どうやら抽選時の並び人数は400人ほど。
やはり期待のもてる日であることは間違いない。



到着は10時を少し過ぎた頃。

丁度抽選組の入店が終わり、一般入場が始まっているところだった。


最悪の場合、スロットには座れないかもしれない。

が、念の為スロットコーナーを覗く。


SLOT バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆
パチスロ 押忍!番長3
ミリオンゴッド 神々の凱旋
アナザーゴッド ハーデス
聖闘士星矢 海皇覚醒


目に入るメイン機種は軒並み満台である。
座れる可能性があるとすれば、バラエティ機種。


そう思ってバラエティコーナーを目指していると、ふと誰も座っていない3台が視界に入る。





フェアリーテイル・・・


前々回の稼動日記で取り上げた機種。
5.9号機だけれど、個人的には出せる手応えを感じた機種。

ゲーム性自体は悪くないけれど、やはり5.9号機という肩書きが打ち手を倦厭させるのか、3台あるうちのどれにも台取り札が置かれていない。



希望的観測をすれば、サクッと有利区間を完走させて2000枚ほどアドバンテージを得られれば上出来かもしれない。
その後はパチンコに行こう。

そんな軽はずみな考えで、再び対峙する5.9号機。


ARTは最大1500G、天井は無し。


そんな重過ぎる鎖を背負わされたこの台で、やれるところを見せたい。
そんな謎のヤル気も漲っていた。



左から順にルーシィパネル(女)、グレイパネル(男)、ナツパネル(男)。

普段なら間違いなくルーシィ一択。
置いてあればエルザパネル一択である。


が、3台シマの場合に限り、この店の癖的に真ん中に設定を入れることが多々見受けられる。



というわけで、グレイパネルに着席。


7Gでビーチステージに移行。
これは若干ではあるが、偶数寄りな挙動である。


 

続きを読む>>
乱歩日記TOP
すろ天ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP