【きみのみるゆめ】
乱歩 


《稼動報告》



一月某日。

東京では大雪が積もったという。
東京に住む僕の知人も、その雪によって随分と難儀したらしい。


僕の住む地域でも、珍しく雪が積もった。

朝になると、そのほとんどが溶けて消えてしまうくらいの、ほんの些細な積雪だったけれど。



道路の隅っこで、溶けて側溝に流れてゆく雪解け水が視界の端に映る。

(次はうんと南国に降ってみるといい、きっと皆んなきっと驚くから)

溶けた雪達に伝わることを願って、そんなことを考えてみる。



時刻は10時をわずかに過ぎた頃。

この寒さの中、特別アツい日でもないのに抽選の列に混ざるのは、流石に僕にはハードルが高過ぎたので、開店と同時に入店。



この日は久々の休みで、丸一日腰を据えてスロットを打てる日なのである。

さらに言えば、片道2時間弱かけてこのホールまでやって来た。
何とも難儀な話である。



それもこれも、僕の職場の上司が打ちたい珍古台を置いてあるホールがこの近くにあるらしい。

千円で12、13開店しか回らないような釘調整のパチンコを打つ度胸は僕にはない。きっとほとんどの人がそうだろう。


その結果、リニューアルしてすぐの頃に一度訪れた某店舗に僕一人で足を運んだわけである。上司の健闘を祈ることぐらいしか、僕には出来ない。



そんな事情を抱え、自身2度目の入店をとなる。

朝一・・・は、抽選を受けて並んでいた面々は『バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆(ユニバーサル)』へと流れてゆく。

開店から5分と経たずに埋まってしまった。


前日のスランプグラフを見ても、回されている上に挙動が良いと思われる台がちらほらと見受けられた。

平日でもベース設定が高めなのかもしれない。



一通りホール内を見渡した後に、同じく前日の挙動が良さげな『押忍!番長3(大都技研)』のシマへと向かう。

こちらは、まだ台を選んで座る余裕があった。



僕は、その中から連日凹んでいるグラフの台を選んで座る。

取り敢えずは、セオリーに倣って上げ狙いをしてみようと思った。
その結果次第で今後の立ち回りも考慮すれば良い。
 

続きを読む>>
乱歩日記TOP
すろ天ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP