すろ天 パチスロ総合ポータル
【やさしい期待値の飼い方】
乱歩 




七月某日。


梅雨の空は何処へ行ってしまったのか。
この日は、清々しいほどに晴れ間の広まる晴天。

多少薄暗い天気のほうが過ごし易いと日頃から思っている僕からすれば、晴天は苦手である。



そんな直射日光が降り注ぐ中、ホールへと向かう。



開店から1時間ほど過ぎた頃。
ホールに着いてみれば、過ごし易い冷房と騒々しい音に出迎えられ、不思議と落ち着く。



先ずは何を打とうか。



前置きで述べたように、ここ数日は負けが続いている。

その負けを取り戻したいわけなのだけれど、取り敢えずは例え少額でも勝ちを目指そう。
負の連鎖を断ち切ってから、負債を捲くることを考えようではないか。


そんな思いで打てそうな台を探すも、スロットコーナーに目ぼしい台はなく

負けているからこそ、根拠のない台選びや期待値の低い台に妥協して座るなんてことのないように慎重に探す。


かと言って、時間が無限に存在するわけでもないので何時間も見に徹するわけにもいかず

この日はパチンコからのスタート。



最初に座ったのは

着信アリ 1/99(藤商事)



甘デジコーナーの中ではそこそこ回ってくれそうな釘だったので、多少スペック的には厳しい部分もある台だが打つことに。


と、それが回転率を数えようと思っていた矢先


座ってから僅か3回転。




デンジャー柄の危険の文字・・・
こいつは相当危険に違いない。


どう危険なのだろうと考えているうちに、擬似連続3回から発展し

何やら女性が廃病院で逃げ回るリーチ。


このリーチ中も、チャンスアップがオンパレードで




当たる。
しかも3図柄なのでSTにも突入だ。



やはり甘デジはサクサクと当たりを引けるので楽しい。
それでいて、現実的に5000発程度なら勝ててしまうのだから、馬鹿に出来ない。


投資 25枚(メダル換算)
でサクッと当選したST



・・・を、駆け抜ける。

駆け抜け易いスペックではあるから、過度な期待はしていなかったけれど。


とは言えここでヤメてしまえば、プラスはプラス。

しかしせっかく釘調整の良さげな台を選んだのだからと回転率を考えながら続行。



これが500発を使用して43回転。
勝負出来る回転率ではあるが、出来れば時間のある時に粘って打ちたい台である。

残りの出玉も呑ませ、当たりが無かったので移動することに。

続きを読む>>

乱歩日記TOP
すろ天ライター日記TOP

パチスロ攻略すろ天TOP