「2枚分の反撃」
byN・ダイク

―――1枚がけでボーナスを揃え、

 

 

1枚役をフォローする―――

 

 

そんな、銀行員もびっくりするくらい硬貨の扱いにうるさい種族、、、

 

 

それが我々、スロッターだ。

 

 

 

私たちは、マザーテレサの名言「大海の一滴※」に言われているように、

 

 

一滴の水があつまって大海となることをしっている。

 

 

※大海の一滴:わたしたちのすることは、大海のたった一滴の水にすぎないかもしれません。でも、その一滴の水があつまって大海となるのです。

 

 

私たちにとって、貧しい人たちのなかでも、最も貧しい人たちに仕える無償の愛とは、

 

 

つまるところが、機械割なのである。(ぉぃ

 

 

その機械割を0.01%でも上げるために、

 

 

各種小役のフォローやボーナス最速判別手順など、

 

 

日夜、ありとあらゆる涙ぐましい努力を重ねているのが、

 

 

私たちスロッターなのだ。

 

 

 

この度の消費税の増税は、こんな健気(ケナゲ)な私たちから、

 

 

1Kあたり約2枚ものコインを合法的に搾取するものであり、

 

 

これを宣戦布告と受け止められないようでは、

 

 

超攻略系技巧派ライターとしての私の名が廃るだろう。

 

 

これでは私も一体なんのために、

 

 

超絶ストイックな立ち回りを披露してきたのか、

 

 

わからなくなってしまいかねない。

 

 

 

さて、少し話は変わって増税後のホールの対応(徴収方法)であるが、

 

 

少なくても私が知る限りでは統一した対応を採るわけではなく、

 

 

おおよそ、下記の5つのパターンに収まるらしい。

 

 

内税方式

 

ホールが売り上げから税金を負担する方法。

 

 

外税方式

 

自販機のように、カード販売機やサンドにて税金を徴収する方法。

 

例えば、1000円分のカードを1080円で購入する。

 

 

貸玉数変更方式

 

貸し出される玉の数を変更することで調整する方法。

 

例えば、1000円で48枚しか貸し出されない。

 

 

カード精算方式

 

貸玉枚数は変えずに、カードの価値を下げる方法。

 

例えば、1000円のカードの価値が925円に下がり、

 

結果的にメダルの貸し出し枚数が減少する。

 

 

大阪方式

 

1枚税込20円で貸し、18.5円で景品と交換する方法。

 

 





 

このうち、メジャーなのは貸玉数変更方式で、

 

 

これにより、等価交換ホールは黒髪少女よろしく絶滅の危機に瀕し、

 

 

交換率のギャップにて経営を行っていたホールは、

 

 

更なる交換率の低下を余儀なくされることとなる。

 

 

 

これらのパラダイムシフト(!?)は、その地域の、または個々のホールと全日遊連との兼ね合いで進行するので、

 

 

場合によっては、予告なく変更されてしまうこともあるようだ。

 

 

もし、皆さんの貯玉を預けてあるホールが明確な方針を発表していないのならば、

 

 

いますぐ貯玉を換金しておくことをお勧めしたい

 

 

既に換金率にギャップがあるホールであれば慎重にならざるを得ないが、

 

 

等価交換ホールであれば躊躇(タメラ)う余地はないだろう。

 

 

「無駄足」で済めば、それに越したことはないからだ。

 

 

こちらに全日遊連から発表された、消費増税後の遊技料金の表示方法について、転載しておきます。

 

 

 

また、マイホが内税方式をとったからといって、

 

 

交換率や換金率が下がらなくてラッキーと安易に浮かれていてはいけない。

 

 

内税方式を採用するということは、

 

 

従来の粗利に増税分を上乗せして転嫁する、ということであり、

 

 

結果において、ホールがいままで以上の負担を背負うことになる。

 

 

その影響が設定や釘に出てくることは、疑う余地がないだろう。

 

 

 

そんな消費税増税に対して、テレビや新聞、その他のメディアでは、

 

 

増税が私たちに及ぼす経済的な影響や、市場の動向ばかりが取り上げられ、

 

 

ご多分の漏れずに、ここパチンコ・パチスロ業界にあっても、

 

 

交換率の変更や設定状況の変化等について、

 

 

各種“攻略系”雑誌等で盛大にもてはやされている状況にある。

 

 

 

確かにそれらは、私たちユーザーの目下に迫る関心事ではあるが、

 

 

「火曜のイオンは卵が安い」というチラシの耳寄り情報とあんまり変わらない。

 

 

 

我ら、割合と確率の彼方(カナタ)に光明を見出せんとする聡明なるスロッターにあっては、

 

 

そんなことよりも、問わなければならない問題がある。

 

 

 

そもそも、なぜ消費税を増税する必要があるのか。

 

 

 

政府会計のプライマリーバランス※が崩れているから。

※収入との収支

 

消費税は税収として安定しているから。

 

 

そんな“説明”で納得できるのならば、

 

 

私たちはわざわざ1枚がけでバケを揃えたりはしないのだ。

 

 

ということで、消費税増税に真っ向勝負を挑む今回は、

 

 

タイアップするに相応しい機種と真っ向勝負を挑んできた!!

 

 

それが、こいつだ!!! 

続きを読む >>

[すろ天ゲーム]10,000点突破!挑め!目押し王者!!
友達に教える
ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP