【第一回恋物語〜総集編〜】
やじ☆きん

♥たとえばこんな恋物語♥第1話


いつものようにいつものホール…

データ表示機をチェックしながら台を選ぶ…

当然、スタートは沖ドキの島だ…

お?

5スルー台発見!

とデータ表示機を見ながら着席するも、コインサンドに入金することもなく離席…

誰かが上皿に何かを置いていたから?

いや、違う…

ただ単に…







そこが機種の切れ目であり、5スルー台と思ったデータの台はアステカだったからだ(ノ_<)

などというボケをかましながら、特に飛びつく履歴もない為に安定の花火へ…

いつもの安定のルーティンだ…

しかしながらいつもと違うモノを感じていた…

いや、正確には『感じた』のは打ち出して間もなくのことだった…

今迄のそこのホールでは聞き覚えのない声…

可愛らしい…それでいて甘く艶っぽい声…

とともにパチンコ屋には似つかわしく無いとても心地よい香りが鼻をかすめる…


『コーヒーいかがですかぁ?』


どうやらコーヒーレディを雇ったようだ…

まぁコーヒーレディくらいは珍しいことではない…

が、そのあまりの心地よい香りが俺を振り向かせずにはいられない…





か・かわいいッ!


思わず見惚れてしまった俺…

当然、目が合う…

普段なら即座に目をそらすのだが…

どうにもこうにも一瞬にして何かに囚われてしまったかのように固まってしまった…

40を超えようかというオッサンのこの俺が…だ…

普通なら気持ち悪いハズだ…

オッサンに見つめられて目があったのだから…

だが、彼女は満面の笑みで微笑み返してくるのだった…

オジさんはね…

ヤられましたよ…

その笑顔に…

その瞬間…

買ってしまったよ…


『アイスブラック!氷抜きでね!』


コレが俺と彼女との出会いだった…



続きを読む >>
ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP