【たとえばこんな恋物語第3章第17話 妹絆】
やじ♥きん

初めての方は第一話からお読みください。
恋物語第1章〜総集編〜
恋物語第1章泥沼1話
恋物語第2章第1話
恋物語第3章第1話



 

17話妹絆

 

 

『おまたせー!もうすぐ着くよー!どこー?』

 

 

『お、おう!近くのパチンコ屋(;´Д`A

 

 

『えー?!大丈夫なん?』

 

 

『お、おう:(;゙゚'ω゚'):すぐ行く!』

 

 

こ、こんな時どうすんのよ?!

 

 

捨てる?

 

 

いや、お金は大事だよぉ〜

 

 

と、妙に焦った俺だったが、ふと我に返る。

 

 

 

 

そうだよ!

 

 

便利なシステムがあるじゃん!

 

 

しかも、寿司だろ?

 

 

そんな時間かかんねぇし(*´╰╯`)

 

 

店員を呼び、食事休憩をすることを伝える。

 

 

少し遅くなるかもしれないことも伝える。

 

 

快く了承してくれたことはありがたい。

 

 

そして…

 

 

 

 

寿司屋にてお春と落ち合う。

 

 

『おう!久しぶり!』

 

 

『うん身体大丈夫なと?』

 

 

『もちろん!ビンビンだよw

 

 

『バカwwwでもぎゃん(方言・めっちゃ的な意)心配したやんね(;´Д`A付添しよかって言ったのに断られるし。゚(゚´Д`゚)゚。』

 

 

『まぁ、、、ね?仕事とか色々あるやんか?迷惑や負担はかけたくないやんね。少し心配はさせたいけどwww

 

 

『もぉー!少しどころじゃなかったい!。゚(゚´Д`゚)゚。』

 

 

『わははははwちゃんと連絡してたから大丈夫だったろ?別に生きる死ぬの話じゃなかしねw

 

 

と、楽しい食事を終え・・・

 

 

『そういえば同伴はしてやれんけどすまんな』

 

 

『うふふ。わかっとぉよ!きんちゃんに同伴をお願いするとかまずないからwそんなのきんちゃんに求めんよ?www

 

 

『そやwならよかったw

 

 

すると、少し影を落としてからポツリと言葉を溢した。

 

 

『………仕事終わったらくる?』

 

 

うーん…

 

 

少し俺が考えてる間に

 

 

『いや、いいです(>_<)いつものホテル?』

 

 

その様子に、コイツまた何かあったな?

 

 

そう感じた俺は、、、

 

 

『おう!店終わってからくるか?多分、もうホテルに入っとるハズやしな!』

 

 

『うん!いく!』

 

 

『よし!んならちゃんと勝負パンツ履いてこいよ?w俺も蟻パワー飲んでおくからw

 

 

『了解です!今夜は寝かさないんだから!………ってバーカwww

 

 

そう言って微笑みながら夜の蝶と化すお春を見送った後、寿司代の回収に勤しむ俺。

 

 

……………戻って1回で終わったことも、まぁ何かのお約束だろう。



続きを読む>>


パチスロ恋物語TOP
パチスロ攻略すろ天TOP