【たとえばこんな恋物語第3章第7話 誘惑】
やじ♥きん

初めての方は第一話からお読みください。
恋物語第1章〜総集編〜
恋物語第1章泥沼1話
恋物語第2章第1話
恋物語第3章第1話



第7話 誘惑


これは参ったな(//∇//)


無意識なことの方が恥ずかしい。


そういうことってあるよね。


狙ってワザと間違える→恥ずかしくない


ガチで間違える→恥ずかしい(//∇//)


それと似たようなことだとは思う。


人は皆、己の真の姿を見せることに抵抗を持つものだ。


不慮の事故と言っても過言ではない。


まだ3日間とはいえ、病院に缶詰なのだから。


だって、密着したり、ええ香りを嗅がされたり…


これで反応しなければ、相手に失礼ってもんだ。


…ああ、そうだ。


恥ずかしながら、おっ勃っちまってたよねw


これには、いくら風俗で遊び慣れてるとはいえ、ガチで恥ずかしくなった。


あまりの恥ずかしさに…


ネタにする事も出来ずに、ただただ焦って隠そうとするのだが…


不幸中の幸いと言おうか…


『アイタタタタ(;´Д`A』


隠そうと変な動きをしたものだから、腰に響いてしまう。


が、この時ばかりはこの痛みが俺を救ってくれた気がした。


『あ!だ、大丈夫ですか?(;´Д`A』


『う、うん。大丈夫(⌒-⌒; )アイテテテ…』


おかげで凍りつきそうだった場の雰囲気は普通に看護士と患者というそれに戻ってくれた。


身体を拭き終えると千秋はそそくさと後片付けを始め…


『きゃっ!』


ドスンッ!


(ッッッツゥッッッ!!!)


俺の上にヨロけて倒れてきた(;´Д`A


もちろん、超痛みが走ったよ?


声も出ないほどにね…


でも、咄嗟に支えた腕の中で一瞬の静寂が辺りを包む。


見つめ合う俺と千秋…

続きを読む>>
パチスロ恋物語TOP
パチスロ攻略すろ天TOP