【目押力】
JIRU



今回実戦した機種は

3×3EYES 〜聖魔覚醒〜

である

そう!

必要なのは







「目押し力」







である

こんな時代にもかかわらず

目押しにかなり影響される仕様になっている

特に!

設定C

完全技術介入時の割は

なんと109%

ほぼ6と同じなのである

ただホールの見解としては設定Cをいれた場合でも割は約98%前後だと予想している

それほどまでに目押し力が大事なのであり

難しいのである

そして今回私は設定Cの実戦に成功した

その模様を少しと打ち方の説明をしていこう

通常時は基本的にスイカ狙いのはさみ打ちで大丈夫である

左リールにチェリー付き白バーを枠内に狙い

右リールを適当打ち

スイカテンパイ時は中リールにスイカを狙う(黒バーを目安)

スイカなら期待薄

外れれば…

という仕様だ

ここに目押し力はほとんどない

当たってからが問題なのである

そう!

レギュラー時にこそ目押し力は発揮されるのだ

では何故設定Cにおいて目押し力が必要なのか?

それは設定Cだけレギュラーが飛び抜けて来やすいという点にある

他の設定が約300〜400分の1というレギュラー確率に対し

設定Cだけはなんと

99.9分の1なのだ

よって目押しに次ぐ目押し

言ってしまえば

設定Cは目押し地獄設定なのだ

ではここからレギュラー時の打ち方の説明をしていこう

まずは枠が光った時

その場合はチェリーor1枚役成立の為

1枚役の入賞を防ぎつつチェリーをカバーする為に白バー付きチェリーを枠内に狙おう

何も演出がない場合は通常時の打ち方と同じで大丈夫だ

そして問題なのがカットイン発生時!

その場合はまず

左リールにスイカベルスイカを狙おう(赤7を枠上目安)

そして中リール上中段にスイカを狙う
(黒バーを目安)


そして!

右リール上段に青7をビタ押し!

これでOK

確実に順押しで消化しよう


続きを読む>>
JIRU日記TOP
ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP