【変わる事の恐怖、変える事の勇気】

JIRU


ループする


それは何に対しても言える事で


例えばファッション業界


昔流行ったものが何年かしてまた流行る

爆発的な流行り方をして一気に人気は減退する


そしてまた思い出したかの様に爆発的に人気が出る



それはパチスロにも当てはまる


ハイエナが喰える時代はあった



もちろん今でもそれ一本でやってはいける


かく言う私も数店舗を閉店前にチェックするというやり方でなんとか食いつないできた


ではここで問おう


ハイエナのゴールデンタイムとは?



そう!


朝と夜だ!

まずは朝

これは言うまでもない事だがチェックのゲーム数が活き

そして前日のおこぼれを頂戴出来る





そして夜

これは趣味としている人達の稼動があがり

お店全体でハイエナ台が増えてくるからである

しかし!ここで問題点が2つ上がる

まずは朝

おこぼれも無ければチェックのゲーム数も活きてこない

何故か?

今までのおこぼれとは天国ループの前兆中閉店などが挙げられる
4号機時代で言えば「おそ松チャンス」や「俺の空」のリプレイ5連から入る「連チャンモード」など
これは通常を経由する為にそこで閉店した場合次の日に残りやすかった
それを狙い朝から何千枚なんて事はザラにあったのだ

しかし今はない

まずループと言うものに旨味がない
あっても通常を経由しないループの為
ほとんどの場合消されてしまう

それではチェックのゲーム数は?

まず活きない!

これは期待値を考え、ほとんどの場合リセットされてしまうのだ

結構シビアな店長、あるいは設定師がいる場合はリセットした方がいい台、据え置きにした方がいい台の期待値を出し

そして実行する

それほどまでに我々「ハイエナ」と言われている人達の対策に出ているのだ

そして2つの目の問題

これは私個人の問題なのだが

結婚してから夜の稼動がほとんど出来なくなってしまった点だ

夕方(正確には19:00頃)には帰宅し、お夕飯を作る毎日

閉店前の2時間弱も立ち回る事は出来るものの
1番のゴールデンタイムである18時から21時は立ち回れない

これは「ハイエナ」を生業としている私には致命的である

では、どうすればいいのか

簡単である

正解はそう、

パチスロを打つ上での王道

「設定狙い」

である

今?

そう思う人も多いでしょう

まず設定が入らないとかの前に台の看破の難しさ

これが1番に来るのではないか?

何に設定が入り

そしてどの様に看破するのか?

見切り時は?

など疑問は多々あるかと思うが数週に渡って

「狙うべき台」

「狙うべき時」

「見切り時」


などを伝えていければと思う

続きを読む>>
JIRU日記TOP
ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP