【行末】
byブルー



年々スロット人口が減少し続けているわけだが、この責任は何処にあるのだろうか

警察庁…メーカー…ホール…ユーザー


事の発端は遊技者の借金からなのは間違いないが、そうさせたのは、ホールの射幸心を煽る行為もだし、一撃で月給をしのぐ出玉を実現させたメーカーもまたしかり


『鶏が先か、卵が先か…』


そんな不毛な討論より、現実を冷静に見つめ、的確な行動から勝利を引き寄せるしかない


勝利至上主義…とまではいかないが、必然的に行動がそうなっている

と言うのも、ひと昔前なら、新台が出れば無条件で飛び付き、資金が底をつくまで打ち続けていたのだが、今はある程度の評価が出るまで打たなくても平気になった

いわゆる、5.5号機と言われる機種辺りから、1度も打つことなくホールから消えていく機種は数多くあり

今年リリースされた機種も、7割以上打ってない

正確には"打たなくていい"(打ちたいと言う気持ちが沸き出てこない)と言った方が良いのかもしれない


大半が食わず嫌いなのかもしれないが、そもそもスロットに対する情熱が薄れたのが大きな要因なんだろう

その節目となったのが、5号機になったあたりが第一段階で、5.5号機になったのが第二段階と言える



『卵が先か、鶏が先か』

とにかく、昔のように一目散で新台に走り、がむしゃらに打ってみたら、ひょっとしたら今後の自分のスロットライフが少し変化するんじゃないかと…。

そんなわけで、すこぶる前評判が悪いアステカ-太陽の紋章-から実戦をスタートする事に


実戦当日の朝、車を走らせながら初代アステカを思い出していたが、今回はまったくの別物と考えた方がいい


ホールに到着し、列にならんで前後を見渡すと、ざっと100人の並びで、場合によっては取れない可能性もある



ピッ




まあいい、アステカがダメでも、ここ1ヶ月で出た酷評されてる台なら沢山ある

取れなければそっちに行くまで

そんな気持ちで通路を進むと…







©UNIVERSAL ENTERTAINMENT
前評判からなのか、新台に対する期待度なのか、あっさりとアステカに座れる

導入台数は5台…取れた喜びよりも、不安が過るっておかしな話

まあいい、あーだこーだ考える暇があったら、実際に回して体感した方が早い

続きを読む >>
ブルー日記TOP
ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP