すろ天 パチスロ総合ポータル
【結局】
ブルー


ここまでくれば、もう“まぐれ”とは言わせない。強引な部分も多々あったが、基本は勝つ確率を高めた実戦を行っている


大層な事を言ってるが、単に『スパッとヤメる』って事に特化してるだけ


ヤメ時を間違えない……投資が嵩むリスキーな機種は極力避け、打ったとしても、現実的に回収可能な投資額を上限として打つ


ガチガチに勝ちにいく為にスロットを打ってる人ばかりではない


大半がいわゆる“趣味打ち”で、余裕のある金で遊ばなければ成立しない


伝えたい事、わかって欲しい事、それは受け取り側次第










テェン
テェン



テェン



ここ数ヶ月、頭の中に刷り込まれた美


普段は決して止まらないスイカが、収まりが良い場所にストンと入る


“美”だとか“収まりが良い”などは、リーチ目=ボーナスが故


その機種のリーチ目の美は、ある程度打ち込んでる人にしか理解が出来ない



開始3ゲーム


クランキーセレブレーションの良さは、なんと言ってもボーナス確率が高いこと


ちょっと遊ぶには打ってつけの機種で3,000円打って引っ掛からなければヤメればいいと思ってる


現在の主流なAタイプを区分わけすると、告知タイプ・リーチ目タイプ・RTタイプ


どれもそうだが、7が沢山揃って、ドル箱を積めれば満足……


って訳でもない。個人的にはAタイプに求めてるモノはリーチ目であり、そのリーチ目が出た瞬間が、喜びの頂点となる


100歩譲ってレギュラーの生入りは良いとして、ビッグボーナスはリーチ目を経由しなければ損した気分になる


リーチ目が沢山見たい≒勝つ……となるから、同じベクトル


さて、ビッグ中は開始2ゲームで、14枚役を取ればサイドランプの告知が優遇される


サイドランプとの矛盾を見たい場合は、揃えに行き、見たくない場合は適当に打てばいい


テェン

テェン(ズルッ)

テェン



左→右で2確のリーチ目

“あっ”って気付いた時は中リールを押してしまったパターン


リーチ目ラブとしては、1確や2確は、数秒眺めていたい


打ち始めた頃の、この停止形になんの感動もなかったが、今ではビビッとくるモノがある


これが、89ゲームビッグとなり、先ず先ずな立ち上がりに拍車をかける

続きを読む>>


ブルー日記TOP
ライター日記TOP
パチスロ攻略すろ天TOP