押忍!番長2イ絶賛配信!
Gモンキータ-ン・天下イGET
{等価交換が絶滅の理由
赤ドン雅早くもア配信!!
パチスロ北斗の拳アGET
「今年最後の日記」
byユウスケ
思えば、すろ天に日記を書き始めてから
あっという間に半年が過ぎようとして
います。

今は家族より一足早く、沖縄に
来ています。

北海道から来れば、一瞬で分かる
気温、気候の違いに毎回感動します。







ホテルからの眺めと大好きな大好きな
タコライスです。

家族とは海辺のリゾートホテルに
泊まる予定ですが、僕は那覇市の
港に隣接したホテルに滞在。

国際通りも徒歩10分程度で、馴染みの
お店に行き、そして、沖縄在住に
友人と酒を飲み交わす日々を過ごして
います。

来れて本当によかったです。

今年は仕事もスロットも変化が多い
年で、僕も立ち回りの主軸を大きく
変えた一年でした。

スロットを打ち始めて約10年。

ニューパルサーの手入れ判別で
スロットの勝ち方を覚え、南国育ちを
はじめとしたオリンピア系マシンの
流行で専業をしていた4号機時代。

そして、5号機の登場と共に自分の頭の
中をリセットし、Aタイプによる期待値を
追うことに戻っていったここ数年。

スロットというのは時代によって規制、
規則が変わり、お店も法律のルールに
則りながら営業スタイルの変化を模索
している状況。

でも、僕はスロットの根幹というのは
大きくは変わっていないと思っていて、
結局は高設定を打ち続ければ勝てると
いう大前提は同じなんですよね。

勝てないからとお店に文句を言っても
お金にはなりませんし、一パチスロ
打ちとして出来ることは、時代に
合わせて立ち回りを変化させていく
ことだったり、お店の状況を理解し、
自分が打てる、そして、勝てる環境を
自ら追い求めていくことしかできません。

僕はスロットを始めてから今に至るまで、
一環して勝つことのみを考え続けて
きました。

どうしたら勝てるのか。

どうしたらライバルと差を付けられるのか。

どうしたら自分が一番勝ちやすいのか。

様々な選択肢が用意されていて、それを
選ぶ権利は打ち手にあります。

流行している台を打つことも、低設定を
打つことも、そして、高設定を打つことも。

打つことも打たないこともその判断は
打ち手が自己責任においてのみできる、
それがスロットであり、パチンコです。

ライターとして、僕に出来ることは何か?と
考えた時に僕は自分自身のスロットへの
考え方に様々な制限を設けていて、その
自分で作ったルールを徹底的に守ってきました。

それが勝ちに繋がるルールであれば、継続し、
満足する収支を得られないのであれば、捨て、
更に新しいルールを設けていく。

それが僕のスロットとの付き合い方であり、
それを記することが今の僕に出来る最大の
表現だと思っています。

少し前に自分のブログにも書きましたが、
ライターというのは何種類かに分類され、
その中でも大分類として、

・勝ち方を記するライター
・楽しみ方を記するライター


大きなくくりだとこの二つが思い浮かびます。

僕は間違いなく前者です。

沢山の批判的意見がありながらも僕が
一環して同じ立ち回りを続けるのは、
収支が自身の目標値を上回っていると
いう裏づけがあるからなのです。

来年のスロット事情はまだまだ未知数
ですが、今の方法で結果を得られない、
または、更に立ち回りやすい方法が
見つかるまでは、僕に出来る僕らしい
立ち回り、人の裏の道を行くスタイルを
追い求めていきます。

では、今年の月別収支を書いていきたいと
思います。
(今年はもう稼動しない予定です。)
2011年の収支を見る