押忍!番長2イ絶賛配信!
Gモンキータ-ン・天下イGET
{等価交換が絶滅の理由
赤ドン雅早くもア配信!!
パチスロ北斗の拳アGET
「ようやくのガチ稼働」
byユウスケ
異様な光景。

最近、お店回りをルーチンでしていて、
4号機初期の頃からの変遷というか、
環境の変化を考えることが多くなりました。

札幌だけに限らず、広告規制後、どこの
お店も新台入れ替えを積極的に行っています。

以前にも記載したことがありましたが、現在の
札幌のホール事情の大部分は大手チェーン店が
握っています。

GODの新装辺りからだと思いますが、大手
チェーン店が行なっていることは、大量
導入にて新装開店すること。

番長もそうですし、北斗もそうですが、
50台以上設置する大型新装が増えています。

それに伴って、番長導入後に一気にGODの
稼働が下がった光景を見ていて、これは
良いのか悪いのか、錯覚を起こしている
自分がいます。

お店によっても考え方は異なりますが、
新装時の機種代金をどう回収するつもりで
営業するのかを見極める必要があり、それが、
導入直後に導入した台で回収するのか、導入前に
その他の台で回収するのか、こういったところを
考えなければいけません。

お店側も限られたお客さんを奪い合うことに
なりますから、それこそ、初日は開けるのか、
それともヨゴレ対策で締めるのかなど、やり
方は様々だと思いますが、こういった全てが
仮定系の中ではART機を攻めることはできない
と僕は判断しています。

お気付きな読者さんもいると思いますが、
僕は広告規制後、GODを除いて、ほとんど
ART機を打っていません。

今年の6月頃でしょうか。

広告規制が始まると耳にした際、今の打ち
方をしていては打てなくなる時期が来ると
考えていました。

少ない回数ではありますが、すろ天に
原稿を書き始めてからも鬼武者、緑ドンを
中心に、設定看破が比較的容易で、かつ、
イベント実績の高い日を目掛けてART機も
立ち回りに含めていました。

じゃあイベントがなくなった時にどんな
立ち回りを中心にすべきか、考えた上で
ハッピージャグラーを徹底的に打ったり、
勿論、アイムジャグラーEXをこれまで
以上に打ち、8月に備えていたんですよね。

元来、4号機の専業時代から、僕の立ち回りの
中心はノーマルAタイプ。

大勝ちはなくとも、勝率を高め、勝ち続ける
ことにより収支を重ねていくスタイルでした。

その根底のスタイルに戻ることがこの時代
でも安定して打ち続けるために必要では
ないか、それが今のところ、札幌で立ち回る
僕の一つの方向です。

根拠のない立ち回りは決してすることができません。

いくら新装実績が高いお店でも、「新装だから」と
いう理由だけでは打てませんし、解析値がない中で、
設定看破すら出来ない状況ではそのハードルは
もっと高くなります。

札幌の現在の地域性で自分が考え抜いた中で最も
固く、そして、自分自身が立ち回りやすい方法が
今の僕の稼働スタイルです。

一人のパチスロ打ちとして、高設定を打つことを
目的としている以上、低設定を打つ機会を減らす
ことが重要だと考え、それが今の僕の立ち回りの
中心になっています。

では、今週の実戦結果です。
(ALLジャグラーです。)

実戦日記を見る