押忍!番長2イ絶賛配信!
Gモンキータ-ン・天下イGET
{等価交換が絶滅の理由
ソミリオンゴッドア絶賛配信
パチスロ創聖のアクエリオンア
「スロットへの考え方」
byユウスケ
少し前のこと、スロットを打っていると隣の男性が
思い切り台を叩いている光景を見ました。

叩くだけでは満足しなかったのか、店員さんを呼び、
「もう5万も使っているのに全然メダルが出ない!」
恫喝。

気持ちはわかるけど、理解は出来ない行動をされる
男性。30分ほど店員さんを怒鳴りつけ、怒りゲージ
沸点のまま退店されていきました。

僕も時間となり、帰路についている途中、昔考えた
とあることを思い出すことに。

僕がスロットは勝てると思うことが出来たのは、
4号機時代のニューパルサー。5号機時代になって
詳しく書くことではありませんが、当時の機種には
小役差枚数カウンターがついていることがあり、
打ち方次第では設定が丸わかりになったんですよね。

先週も少しだけ書きましたが、誰もが知ることが
できる知識で勝率を上げることができるのが
スロットであり、ごっちゃんがかなり前に書いて
いた日記にもある「スロットは投資」というのは
僕も全く同じ考えを持っています。

僕が知っている約10年間のスロットの世界、更に昔の
時代においても、基本的に勝ち方というのは変わって
おらず、期待値プラスの台を打ち続ければ、結果的に
勝てるものがスロットだと思います。

気を付けて書かなければ語弊があると思いますが、
スロットの勝ち方というのは、ネット上でも、紙面
上でも大抵のことは明確になっていて、その基本的な
勝ち方があるにも関わらず、それを無視した上で
負けたことに文句を言っても仕方ないと思うんですよね。

僕は収支をプラスにすることしか正直なところ考えて
いない立ち回りをしていますが、勿論エンターテイメント
として、勝っても負けても台を楽しむという打ち方が
あってもいいはずです。

ダースーさんも書いていらっしゃいましたが、「どうせ
負けるならゴッド」
というのもとても素敵なことで、
それだけ魅力的な機種、楽しい機種があるということは
大切なこと。
(僕も収支度外視でお金を使うならゴッドを打つと思います。)

期待値プラスの台というのは時代によって若干の変化が
あるものの、今の5号機時代で言えば、大きく2つにくくる
ことができます。

@機械割100%以上の台
→高設定を打ち続ければ、理論上、収支はプラスになる。

A設定を無視した理論上プラスになる台
→ゾーン狙い、天井狙い、モード狙い等。

このどちらかを自分の生活スタイルに合わせて、きちんと
台に座る際のルールを設けていけば、"勝ち"は必ず見えて
きます。

僕は収支を度外視にした打ち方がどうしても出来ないので、
今の立ち回りを中心にしてしまいますが、"負けても納得"
するのであれば、エンターテイメントとしてスロットに
消費することも良いと思います。

今の僕の心境なら、ミリオンゴッドがそれにあたりますが、
それでは立ち回りがぶれてしまいますので、打てる条件に
合致した台だけを細々と打っていきたいものです。

では、今週の結果です。

あまり内容が濃くないので、出来るだけさっくり
書いていきます。

■10/31(月)
午後まで仕事をした後、14時ぐらいからの実戦です。
GOD打ちたい衝動が来てしまいました。

合致する台があれば、打つという条件を守りましょう。

某大型店舗へ。

「533」

ありました。

アルテミスの矢からのリプレイハズレやら、奇数テンパイ、
奇数ケツテンパイが頻発しています。

いいモードにいそうな匂いがプンプンするので、
やめられません。

投資10000円、斜め黄7からようやくゴッドゲーム。

ここからまたGODとの相性を確かめることに。



またも引いてしまいました。今回はゴッドゲーム中の
GOD。

1/8192ってそんなに簡単に引けちゃいけないはず
なんですが、どうにも打てば引けてしまうようです。

更にGODを引いたセット中に、
続きを読む