〜委員会の会則等について〜
『リングにかけろ向上委員会々則』
委員長:はめまり

《目的》
第1条 昨今、「リングにかけろ(以下、「リンかけ」と呼ぶ。)」の稼働率が低下し、それに伴い同機種の平均設定も低下しており、全国のスロッターが、スロッターとして非常に厳しい状況下に置かれている。その中にあって、全国的にリンかけをより普及させ、リンかけの平均設定の改善、ひいてはスロット業界の発展を図るため。

《台選び》
第2条 ホールに入ったらまず、リンかけのシマを見ること。
  2 朝一からの場合は、店選び及び台選びに細心の注意を払うこと。
  3 合成確率が、総G数2000G以上で250分の1を上回っている台があったら、とりあえず座ること。
  4 様子をみて(5Kくらい)打つこと。

《立ち回り》
第3条 シマ一番の台が空いたら、スカサズ移動を試みること。ただし、ビッグ中又はRT消化中の場合は周りの挙動を見ながらその行為に当たること。
  2 設定を疑った場合は、とりあえず当たるまで打ち、浮いた時点で最低15秒以上は続行の可否を判断すること。ただし、時間等の制約が無い場合はこの限りではない。

《平均設定の改善》
第4条 ホールでは、店長又は店員に「リンかけに設定入れてよ!!」と声を掛けること。これについては、大負けした帰りの際に大声で叫ぶことが好ましい。
  2 連れ打ち、ノリ打ちの際、仲間が機種の特定を迷っている時には、必ず「リンかけにしなよ」と提言すること。
  3 知らないお客にもリンかけを勧めること(任意)。

《その他》
第5条 リンかけを心から楽しむこと。
  2 軍資金のある場合は設定の高低を問わない。 

《補則》
第6条 この会則の施行について必要な事項は、委員会において定める。
附則 この会則は、平成20年6月11日から施行する。
附則 平成20年6月17日  一部改正


※この会則は改正可能ですので、もし「こうした方が良い」というのがありましたらご連絡ください。

パチス攻略すろ天TOP